転職を決意するきっかけ

 多くの人が転職を考えるきっかけになるのが、現在の仕事に行き詰まりを感じた時です。自分の能力に限界を感じたり、逆に今の仕事では自分の力を十分に発揮できないと感じてしまうことは誰しも一度は経験することでしょう。また、職場の人間関係に悩んで仕事がうまく進まないというケースも多いです。

 

仕事に行き詰まったときの転職は失敗しやすい

 仕事に行き詰まったとき、状況を変えるために転職を志す方は多いですが、このような動機で転職をすると失敗してしまうことも少なくありません。なぜなら、その転職の動機はいまの職場から離れたいという心理から生まれているからです。表向きは新しい環境で自分の力を試してみたいと取り繕っても、どうしても熱意や志望動機の面で弱さが出てしまいます。面接官はそんな動機のブレを見逃してはくれません。なかなか転職先が決まらないというケースでは、転職のスタート地点に問題が潜んでいることもあるのです。

 

今の課題を片付けた後にもう一度転職を検討する

 現在の職場を離れたいという一心で転職活動を行うよりは、現在の仕事上の問題点にもう一度取り組み、解決してから転職について再検討したほうがうまくいくことが多いです。問題点を解決したという自信をもって転職活動を行うことができますし、現在の職場に不満はないのですから、本当に自分は転職を望んでいるのかという動機もはっきりします。その上で転職をしたいと感じたとき、より純粋な気持ちで新たな職場に臨めるのです。


このページの先頭へ戻る