就職活動をしていざ入社してみると、イメージしていた業務内容や職場環境ではなかった、という経験のある方は多いと思います。そんな中で、忍耐強く仕事を続けるか、転職してやりがいを感じられる会社を探すかの選択は自由です。ただ、転職する選択をする場合には、何も考えずに辞めるのではなく、これまでの社会人としての経験や自分が求めている内容を十分考えた上で行動に移すようにしましょう。

 

自分にとって何が重要なのか

 報酬が少なくても自分にとって勉強になる、職場の雰囲気がよく人間関係が作りやすそうなど、自分にとってストレスとなる要因が少なく、やる気につながるような要素を見つけ、そのような職場を選ぶことが、長く仕事をする上で最も重要です。

 

勤務の条件をよく検討する

 転職先となる会社の場所や報酬、有給制度や福利厚生など、実際に働いた時の事をシュミレーションして下さい。勤務地は通勤時間や路線などを実際に調べてみて、通勤圏内であるかどうかをイメージしておきます。条件が自分にとって理想的でなくても、許容範囲内であればよいという考え方も必要です。

 

 自分に合った理想的な職場を探す、というより、自分らしく働ける会社を見極めることが大切です。


このページの先頭へ戻る